襟元や肩まわりといった、機械を使ったプレスでは難しい細かな部分で出番となるクリーニングの仕上げ技術が、人の手によるアイロンがけです。

「焼きアイロン」と呼ばれることもあるアイロンがけは、
クリーニング師の資格取得試験でも重要視されるほど高等技術とみなされており、特にワイシャツの仕上げには欠かすことができません。

スーツやジャケットにアイロンがけが用いられることもあります。
個々の生地や形に対する特徴を見極めながら、ひとつの方向へ向かってプレスを行い、スチームも駆使しつつ立体感を演出します。

ちなみに、チェーン店ではない個人経営のクリーニング店であれば、アイロンがけのみのサービスも行っている可能性が高いです。